日本赤十字社 唐津赤十字病院

背景色を変更する標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

英語翻訳

   

Japan Red Cross Society

  • 診療の流れ
  • 診療科・部門の案内
  • 病院のご紹介
  • 地域医療連携
  • フロアマップ
  • 交通アクセス

緩和ケアチーム

緩和ケアチームのご案内

緩和ケアは、がんの治療と並行して受けていただく医療です。 「緩和ケア」と聞くと、「最期のとき」「死」といった終末期のイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。緩和ケアは「がんの治療ができなくなってからはじめる医療」というのはまちがいです。痛みや吐気など身体のつらさや、精神的な気分の落ち込みや不安など気持ちのつらさに対しての『緩和ケア』は、がんと診断された時から受けられる医療のひとつであり、がん自体の治療と並行して受けることができるのです。 

緩和ケアチームとは

緩和ケアチームとは、主治医と共に入院中のがん患者さんとご家族のお手伝いをするチームで、主治医の先生と充分な連携を取りながら、身体的・精神的苦痛の緩和が図れるよう支援しています。

チームの構成は以下のようになっています。(令和元年4月1日現在)

身体症状担当医師

緩和ケア医1名
内科医3名
外科医2名

麻酔科医1名

痛み・吐き気・息苦しさなどを緩和する
精神症状担当医 精神科医1名 (2回/月 非常勤) 心のつらさを和らげる
看護師

緩和ケア認定看護師1名

リンクナース7名

病棟(内科・外科・婦人科・泌尿器科)、外来

緩和ケアを担当
薬剤師 2名 痛み止め等のお薬のわかりやすい説明や相談を担当する
社会福祉士 2名 入院費用の相談や療養先の相談を受付ける
作業療法士 1名 歩行や安楽な移動の方法を指導する
管理栄養士 1名 嗜好を聞きながら食べやすい食事の工夫・相談を受付ける
心理士 公認心理士 2名 患者さんやご家族の気持ちのつらさをお伺いする


リーフレットはこちらからご覧ください。

緩和ケアチームをご要望の際は

入院中の患者さまやご家族が対象となります。主治医または病棟の看護師に、「緩和ケアチームの往診を受けたい」とお伝えください。「まずは、話を聞きたい」だけでもかまいません。お気軽にご相談ください。

最後に

痛みを我慢しないでください。 私たち、緩和ケアチームは「病気からくるつらさを我慢しないで治療を受けて欲しい」「その人らしい生活を送って欲しい」との願いで活動しております。今、がんの痛みは、そのほとんどを取ることができるといわれています。我慢されずにどうぞ、主治医や看護師を通してご依頼ください。主治医の先生と協力しながら、お手伝いさせていただきます。