日本赤十字社 唐津赤十字病院

背景色を変更する標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

英語翻訳

   

Japan Red Cross Society

  • 診療の流れ
  • 診療科・部門の案内
  • 病院のご紹介
  • 地域医療連携
  • フロアマップ
  • 交通アクセス

診療科・部門の案内

外来受診の方

入院・お見舞いの方

医療関係者の方

採用情報

内科

内科の特徴

 当院は、地域医療支援病院・地域がん診療連携拠点病院に指定されている佐賀県北部地域の中核病院であり、内科はそれに相応しい診療体制を整えています。必ずしも専門分野にとらわれず、患者さまのニーズに応えるようなチーム医療に心がけております。また近隣の医療機関との、いわゆる病診・病病連携を重視しており、多くの患者さまをご紹介いただいています。

  

呼吸器内科の特徴

 呼吸器疾患全般にわたり診療を行っています。重症肺炎や真菌などの呼吸器感染症、肺癌などの悪性腫瘍、気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性閉塞性肺疾患、間質性肺炎、気胸など幅広い呼吸器疾患の診断と治療に当たっています。
 近年増加している肺癌の患者さまに対しては胸部CTや気管支鏡、肺生検等の検査や化学療法、放射線治療等の治療を行っています。
 また、地域で治療が受けられるような体制を目指して近隣の医療機関さまとの地域連携を強化しています。

取り扱っている主な疾患

  • 呼吸器感染症(肺炎・胸膜炎・非結核性抗酸菌症等)
  • 気道疾患(気管支喘息・慢性閉塞性肺疾患等)
  • 悪性腫瘍(肺がん・縦隔腫瘍・胸膜腫瘍)
  • 間質性肺疾患(間質性肺炎・サルコイドーシス等)
  • 気胸

消化器内科の特徴

 当院は佐賀県北部地区の拠点病院としての責務を担っており、消化器内科も日本消化器病学会専門医制度関連施設・日本消化管学会指導施設・日本肝臓学会関連施設・日本消化器内視鏡学会指導施設となっています。

 当科では、悪性腫瘍の内視鏡治療・化学放射線療法・TACE・RFA・緩和治療、難治性逆流性食道炎、食道胃静脈瘤、消化性潰瘍、好酸球性消化管疾患、炎症性腸疾患、胆道感染症、胆道結石、急性膵炎、慢性膵炎、自己免疫性肝胆膵疾患、急性肝炎、慢性肝炎、NASH、肝硬変等幅広い疾患の診療を行っています。

 腹部救急患者は積極的に受け入れており、緊急内視鏡やUS下治療は消化管・肝胆膵領域ともに多数施行しています。

 最近は、炎症性腸疾患に対するバイオ製剤による治療、EUS-FNAを中心としたinterventional EUS、カプセル内視鏡、腹水濾過濃縮再静注療法などに積極的に取り組んでいます。

血液内科の特徴

血液内科では、造血器腫瘍(白血病、悪性リンパ腫など)や造血障害(再生不良性貧血、骨髄異形性症候群など)、貧血、血小板減少症、凝固異常症(出血傾向や血栓傾向を生じる疾患)などいろいろな血液疾患の専門的診断と治療を行っています。日本血液学会認定研修施設であり若手医師の育成の場としての機能も担っています。
安心と同意の治療を目標とし各疾患に対して化学療法、放射線療法、免疫療法などを標準的治療(科学的根拠に基づいた医療:evidence based medicine, EBM)と全人的医療の実践を目指しています。無菌室4床を有し、自己末梢血幹細胞移植(PBSCT)も実施し治療成績の向上を目指しています。同種骨髄移植が必要な症例に対しては、患者さまと相談の上で適切な移植施設に紹介し、良好な治療成績が得られています。県内の他の血液疾患専門診療施設(佐賀大学医学付属病院、佐賀県医療センター好生館)とも定期的に情報交換をしながら治療成績向上をめざしています。

取り扱っている主な疾患

  • 急性白血病:急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病
  • 慢性白血病:慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病
  • 悪性リンパ腫:非ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫
  • 成人T細胞性白血病・リンパ腫
  • 多発性骨髄腫
  • 骨髄増殖性腫瘍:多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症など
  • 骨髄異型性症候群
  • 再生不良性貧血
  • 特発性血小板減少性紫斑病
  • 貧血:溶血性貧血、赤芽球癆、悪性貧血、ビタミン依存性貧血
  • 凝固異常症:血友病、フォンビルブランド病など

糖尿病内科の特徴

糖尿病患者の急増は世界的な脅威となっています。わが国の平成28年「国民健康・栄養調査」によると「糖尿病が強く疑われる人」が推計1,000万人に達しました。糖尿病患者さんは年々高齢化が進んでおり、最近では発症予防だけでなく、糖尿病になったとしても重症化しないような合併症予防が叫ばれております。


当院では紹介となった患者さまや糖尿病療養がなかなかうまくいかない患者さまには1~2週間程度の糖尿病教育入院を勧めています。また生活や働き方が多様化していることも考慮し、なるべく患者さまひとりひとりの生活に沿った形での療養支援を提案させていただいております。


また慢性疾患である糖尿病は病院だけでコントロールすることも困難な場合があります。これには医療職だけでなく、行政や介護職との連携が重要になってまいります。佐賀県では「ストップ糖尿病」対策として、糖尿病重症化予防連携が県全体で行われておりますが、唐津地域ではいち早く取り組んでおり、病院だけでは疾病コントロールが困難な患者さまが、この連携によってより良い方向へと向かう取り組みも継続しております。


さらには地域のかかりつけ医の先生方にご協力いただき「糖尿病コーディネート看護師事業」も行っており、登録いただいている患者さまの状態をかかりつけ医の先生のところで診ていただきながら、基幹病院側でも患者さまの状態を把握できるようになっております。糖尿病の診療は日々進化しており、1型糖尿病患者さんへのSAP療法(Sensor-augmented Pump)やFlash Glucose Monitoringなども導入し、新しい情報をいち早く入手できるよう努めております。

神経内科の特徴

神経内科で診られる病気は、体をうまく動かせなかったり、物事を考えたり、覚えたりすることができなくなったりするなどします。症状としては、しびれ、めまい、ふらつき、歩きづらい、しゃべりにくい等たくさんありますが、そのほとんどは、脳・脊髄・神経・筋肉等に原因があります。代表的なものとしては、脳梗塞の初期治療、髄膜脳炎、急性散在性脳脊髄炎、多発性硬化症、痙攣重積発作、ギランバレー症候群、重症筋無力症などがあげられ、主に急性期を扱っています。 また、神経内科の性質上、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻咽喉科等とは密接につながっており、各診療科との連携を大事にしながら多彩な訴えで受診される患者さまを専門医の立場から詳しく診察を行っています。

腫瘍内科の特徴

現在準備中です。

腎臓内科の特徴

我が国では、毎年約1万人の腎臓病の患者さまが、末期腎不全のため透析療法を導入され、社会的問題になってきています。腎臓は沈黙の臓器と言われ、症状が出にくいために病気の発見が遅れる事があり、知らないうちに悪くなっていることもしばしばです。

腎内科では、健康診断などで蛋白尿・血尿を指摘された方、むくみが持続し慢性腎炎やネフローゼ症候群が疑われた方に、尿中成分の詳しい検査や腎生検を行い、専門的に確定診断し治療を行っています。さらに最近の研究で、慢性の腎臓病を有する患者さまは狭心症・心筋梗塞などの虚血性心臓病や脳卒中を起しやすいことが分かり、腎臓病はできるだけ早く発見して治療を開始することが必要です。

また近年増加傾向にある糖尿病性腎症はいったん発症すると比較的早く進行し腎不全に至りますので、降圧療法を中心に食事療法や生活習慣の教育など、腎臓病発病の初期状態から腎不全の末期に至るまで幅広く治療を行っております。

透析外来(血液浄化センター)

医師紹介


氏名 資格・所属学会等 専門分野 出身校

副院長

感染管理室長

宮原 正晴

日本内科学会 認定医、総合内科専門医、指導医

日本血液学会 専門医、指導医

日本造血幹細胞移植学会

がん治療認定医機構 がん治療認定医

日本臨床腫瘍学会 暫定指導医

日本輸血細胞療法学会

日本感染症学会

ICD(インフェクション・コントロール・ドクター)

日本プライマリ・ケア連合学会 認定医
日本医療マネジメント学会

日本老年医学会

血液 佐賀医科大学

疾病予防センター長

茨木 一夫  

日本腎臓学会 専門医
日本内科学会 認定医、指導医
日本透析医学会 認定医、専門医、指導医
日本糖尿病学会
一般内科
糖尿病
腎臓
広島大学

第1内科部長

野田 隆博

日本内科学会 総合内科専門医、指導医
日本消化器病学会 専門医、指導医、学会評議員
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医、支部評議員
日本消化管学会 専門医、指導医

日本消化器がん検診学会
がん治療認定医機構認定医
プライマリケア学会 認定医

消化器 自治医科大学

第2内科部長

長嶋 昭憲

日本腎臓学会 専門医
日本透析医学会 専門医
日本内科学会 総合内科専門医、指導医
腎臓内科
透析
長崎大学

感染症内科部長

教育研修推進センター長

感染管理室副室長

下田 慎治

日本内科学会 指導医、総合内科専門医、認定医

日本消化器病学会 指導医、学会評議員

日本肝臓学会 指導医、学会評議員

日本感染症学会 指導医、学会評議員

医学博士

感染症

肝疾患

九州大学

第1内科副部長

宮原 貢一  

日本内科学会 認定医、総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医、指導医、支部評議員
日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医、学術評議員
日本消化管学会 胃腸科専門医、胃腸科指導医、代議員
日本ヘリコバクター学会 認定医
がん治療認定医機構 認定医
日本胆道学会 指導医
日本膵臓学会 指導医
消化器内科 佐賀医科大学

第3内科副部長

冨桝 りか

日本内科学会 認定医、総合内科専門医

日本臨床血液学会 専門医

日本臨床腫瘍学会

血液内科 佐賀医科大学

内科医師

近藤 めぐみ

日本内科学会 総合内科専門医・認定医

日本神経学会 専門医

日本認知症学会 指導医、専門医

日本頭痛学会

日本脳卒中学会

認知症サポート医

神経内科 佐賀大学

内科医師

井上 周  

日本内科学会 認定医、総合内科専門医

日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本肺癌学会

日本感染症学会

ICD(インフェクションコントロールドクター)

呼吸器内科 佐賀大学

内科医師

山﨑 孝太 

日本内科学会 認定医

日本糖尿病学会 専門医

日本内分泌学会

日本医師会認定健康スポーツ医

日本臨床栄養代謝学会 TNT

糖尿病・内分泌内科 佐賀大学

内科医師

樋髙 秀憲  

日本内科学会 認定医、総合内科専門医

日本消化器病学会 専門医、支部評議員

日本消化器内視鏡学会 専門医

日本消化管学会 胃腸科専門医

日本ヘリコバクター学会 認定医

消化器内科 佐賀大学

内科医師

窪津 祥仁

日本内科学会 認定医

日本消化器病学会 専門医

日本消化器内視鏡学会

日本肝臓学会

日本超音波医学会

肝臓内科 佐賀大学

内科医師

平川 治樹

日本内科学会 認定医
日本呼吸器学会
呼吸器内科 佐賀大学

内科医師

岸川 まり子

日本内科学会

日本糖尿病学会

糖尿病内科 東京女子医科大学

内科医師

長家 聡明

日本内科学会

日本血液学会

日本臨床腫瘍学会

日本輸血・細胞治療学会

血液内科 佐賀大学

内科医師

井上 須磨

日本内科学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡学会

消化器内科 佐賀大学

内科医師

藤邑 勇太朗

日本内科学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡学会

消化器 佐賀大学

内科医師

南 優希

日本内科学会 内科一般 佐賀大学

内科医師

江口 紘平

日本内科学会

日本消化器病学会

日本消化器内視鏡学会

内科 自治医科大学


診療担当

内科

   
午前 診察室22 野田 隆博
(消化器新患)
宮原 貢一
(消化器新患)
樋髙 秀憲
(消化器新患)
野田 隆博
(消化器)
宮原 貢一
(消化器新患)
診察室23
(新患)

江口 紘平

冨桝 りか

下田 慎治

南 優希

岸川 まり子

診察室25

辰元 良麻
(循環器新患)

森 唯史
(循環器新患)
山元 芙美
(循環器新患)
井上 須磨
(消化器新患)

中島 啓太郎
(循環器新患)

診察室26

山元 芙美
(循環器)

第2・第4:ペースメーカー 森 唯史
(循環器)
森 唯史
(循環器新患)
森 唯史
(循環器)
診察室27

平川 治樹

(呼吸器新患)

平川 治樹

(呼吸器)

中島 千穂
(呼吸器新患)

平川 治樹

(呼吸器)

平川 治樹
(呼吸器)

診察室28 井上 周
(呼吸器)
井上 周
(呼吸器)
井上 周
(呼吸器)
井上 周
(呼吸器新患
井上 周
(呼吸器新患)
診察室29

山﨑 孝太
(糖尿病)

宮原 正晴
(血液)
山﨑 孝太
(糖尿病)

宮原 正晴
(血液)

山﨑 孝太
(糖尿病新患)
診察室30

近藤 めぐみ
(神経内科)

嬉野 博志
(血液)
近藤 めぐみ
(神経内科)
-

下田 慎治

(感染症)

診察室31

窪津 祥仁

(肝臓)

窪津 祥仁
(肝臓)
長家 聡明
(血液)
冨桝 りか
(血液)
窪津 祥仁
(肝臓)
診察室33 茨木 一夫
(糖尿病)
長嶋 昭憲
(腎臓)
長嶋 昭憲
(腎臓)
茨木 一夫
(糖尿病)
長家 聡明
(血液)
診察室43 - - - - 野口 裕貴
(糖尿病)
午後 処置室 6 - - -

フットケア外来
(第1、第3 13:00~)

フットケア外来
(第2、第4 13:00~)

診察室25 - - - - -
診察室26 - - 森 唯史
(禁煙外来)
- -
        第2木曜日
(血糖測定チェック)
 
診察室30 - - -


診療実績

呼吸器内科

疾患別入院患者数(延べ人数)

平成28年4月1日~平成29年3月31日
疾患区分 患者数
肺感染症 58

肺癌

177

肺癌以外の悪性腫瘍

10
間質性肺炎 40
COPD(慢性閉塞性肺疾患) 16
喘息(ぜんそく) 14
その他の呼吸不全 24
気胸 23
膿胸 5
気道出血 8
その他 38
合計 413

気管支鏡検査(延べ人数)

症例数 127
経気管肺生検法 75
気管支肺胞洗浄法 18
気管支洗浄 15
内腔観察 22
その他処置等

8

化学療法(登録レジメン)

ADOC AMR Bev CBDCA+CPT-11
CBDCA+DOC CBDCA+ETP CBDCA+GEM CBDCA+GEM+Bev
CBDCA+PTX CBDCA+PTX+Bev CBDCA+S-1 CBDCA+VNR
CBDCA+nab-PTX CBDCA+nab-PTX+Bev CDDP+CPT-11 CDDP+DTX
CDDP+ETP CDDP+GEM CDDP+GEM+Bev CDDP+Pem
CDDP+Pem+Bev CDDP+S-1 CDDP+VNR CPT-11
DTX DTX+Ram GEM NGT
Pem pEM+Bev S-1 VNR
nab-PTX Gefitinib Erlotinib Afatinib
Osimertinib Crizotinib Alectinib Nivolumab
Pembrolizumab


消化器内科

2017年内視鏡症例数
上部消化管内視鏡検査

 3,024

下部消化管内視鏡検査

1,621

ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)

231


ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

 68

食道

 7

 45

大腸

 16


EMR(内視鏡的粘膜切除術)

398

大腸

398


緊急止血術 131
上部消化管 104

下部消化管

27


ステント 30
食道 5
胃十二指腸 12
大腸 13
ERCP時処置 172
EST(内視鏡的乳頭括約筋切開術) 58
截石 53
EBD(内視鏡的胆道ドレナージ術)(EMS含む) 61

 

EUS(超音波内視鏡)(検査のみ)

30

消化管

15

胆膵

15


EUSーFNA(超音波内視鏡下穿刺吸引法)

27

縦隔

4

8

11

腹腔内リンパ節

2

副腎

1

後腹膜

1


肝臓内科

入院患者数:253名

平成28年4月1日~平成29年3月31日
【肝がん治療】
経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA) 14
経皮的エタノール注入療法(PEIT) 7
肝動脈化学塞栓術(TACE) 14
肝動脈注入療法(Lip-TAI) 0
分子標的治療薬導入 0
その他化学療法 1

血液内科

疾患別入院患者数(延べ人数)

平成28年4月1日~平成29年3月31日
疾患名 患者数
急性骨髄性白血病 26
慢性骨髄性白血病 2
急性リンパ性白血病 1
骨髄増殖性腫瘍 3
成人T細胞白血病リンパ腫 28
原発性マクログロブリン血症 4
悪性リンパ腫 187
多発性骨髄腫 12
骨髄形成症候群 19
特発性血小板減少性紫斑病 3
再生不良性貧血 6
その他貧血、感染症など 67
合計 358

新患者内訳(入院+外来)

平成28年1月1日~平成28年12月31日
疾患名 患者数
急性骨髄性白血病 8
慢性骨髄性白血病 0
急性リンパ性白血病 2
骨髄増殖性腫瘍 2
成人T細胞白血病リンパ腫 14
原発性マクログロブリン血症 1
悪性リンパ腫 34
多発性骨髄腫 13
骨髄形成症候群 15
特発性血小板減少性紫斑病 3
再生不良性貧血 6
その他貧血、感染症など 67
合計 165


糖尿病内科

疾患別入院患者数

平成28年4月1日~平成29年3月31日
1型糖尿病 5
2型糖尿病 59
妊娠糖尿病 1
内分泌疾患 6
一般内科 18
合計 39


腎臓内科


(1)入院疾患内訳

疾患区分 件数
ネフローゼ・腎炎・電解質異常 22
急性腎不全・多臓器不全など 11
末期腎不全(透析導入) 27
シャント造設・シャントPTA 30
透析患者の合併症 11
CKDまたはCKD患者合併症 7
その他 12
合計 120

(2)血液透析

総回数

1990回

(ICUでの緊急透析7回を含む)

新規血液透析導入患者 26名
シャントPTA(入院・外来) 6件
内シャント造設術 32件
腹膜透析

患者数 9名

(新規腹膜透析導入患者 1名)

アフェレーシス

 

CHDF 110回
エンドトキシン吸着 1回
単純血漿交換 1回
白血球吸着

24回

(3)腎生検

組織診断内訳


IgA腎症 2例
膜性腎症 2例
ループス腎炎 1例
巣状糸球体硬化症 2例
急性腎炎 1例
微小変化 1例
合計

9例

(4)病理解剖

80代男性 高Ca血症、悪性リンパ腫
70代女性 腎盂腎炎、敗血症、末期腎不全(腹膜透析中)
80代男性 慢性心不全、自己免疫性膵炎・間質性腎炎(IgG4症候群)治療後