日本赤十字社 唐津赤十字病院

背景色を変更する標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

英語翻訳

   

Japan Red Cross Society

  • 診療の流れ
  • 診療科・部門の案内
  • 病院のご紹介
  • 地域医療連携
  • フロアマップ
  • 交通アクセス

診療科・部門の案内

外来受診の方

入院・お見舞いの方

医療関係者の方

採用情報

救急科

救急科の特徴

われわれは、急性期疾患・外傷の全般を扱っています。地方の救急医療の崩壊が叫ばれる中、当院も医師数は決して多くはありません。それにもかかわらず、県北の救急医療をこれまで何とか支えてきたのは、全科の救急医療への理解と協力があってこそです。この特徴はこれからも当院の強みとして保ち続けたいと考えます。

当院は佐賀大学医学部附属病院、佐賀県医療センター好生館、国立病院機構嬉野医療センターとの密接な連携で、救命を図っております。これからの救急医(救急医療を行なえる医師)の養成に佐賀大学医学部救急医学講座との連携のもと、全力を注ぎます。

医師紹介

氏名 資格・所属学会等 専門分野 出身校

救急科部長

中島 厚士  

日本救急医学会 専門医

日本臨床救急医学会

救急 佐賀医科大学

救急科副部長

藤田 亮  

日本救急医学会 専門医
日本泌尿器科学会 専門医
日本臨床救急医学会
日本集中治療医学会
日本急性血液浄化学会 指導医
日本内科学会 認定医
JTAS 認定医師アドバイザー

救急・集中治療

泌尿器科

川崎医科大

救急科医師

吉武 邦将

日本救急医学会 専門医

日本集中治療医学会

日本内科学会 認定医

救急科

自治医科大学

診療実績


番号

疾病名 基準 患者数

退院・転院

(転棟を含む)

死亡
1 病院外心停止 病院前心拍再開例、外来での死亡確認例を含む 96 10 86
2 重症急性冠症候群 切迫心筋梗塞、急性心筋梗塞又は緊急冠動脈カテーテル施行例 47 44 3
3 重症大動脈疾患 急性大動脈解離又は大動脈瘤破裂 13 12 1
4 重症脳血管障害 来院時JCS100以上、開頭術、血管内手術施行例又はtPA療法施行症例 70 52 18
5 重症外傷 MaxAISが3以上又は緊急手術施行例 223 214 9
6 重症熱傷 Artzの基準による 2 1 1
7 重症急性中毒 来院時JCS100以上又は血液浄化法施行例 12 11 1
8 重症消化管出血 緊急内視鏡施行例 62 57 5
9 重症敗血症 感染性SIRSで臓器不全、組織低潅流又は低血圧を呈する例 11 3 8
10

重症体温異常

熱中症又は偶発性低体温症で臓器不全を呈する例 1 0 1
11 特殊感染症 ガス壊疽、壊死性筋膜炎、破傷風等 0 0 0
12 重症呼吸不全

人工呼吸器管理症例(1から11までを除く)

23 20 3
13 重症急性心不全 人工呼吸器管理症例又はSwan-Ganzカテーテル、PCPS若しくはIABP使用症例(1から11までを除く) 14 12 2
14 重症出血性ショック 24時間以内に10単位以上の輸血必要例(1から11までを除く) 0 0 0
15 重症意識障害 JCS100以上が24時間以上持続(1から11までを除く) 1 1 0
16 重篤な肝不全 血漿交換又は血液浄化療法施行例(1から11まで除く) 0 0 0
17 重篤な急性腎不全 血液浄化療法施行例(1から11までを除く) 5 4 1
18 その他の重症病態 重症膵炎、内分泌クリーゼ溶血性尿毒症性症候群などで持続動注療法、血漿交換又は手術療法を実施した症例(1から17までを除く) 68 58 10
合計 648 499 149