日本赤十字社 唐津赤十字病院

背景色を変更する標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

英語翻訳

   

Japan Red Cross Society

  • 診療の流れ
  • 診療科・部門の案内
  • 病院のご紹介
  • 地域医療連携
  • フロアマップ
  • 交通アクセス

診療科・部門の案内

外来受診の方

入院・お見舞いの方

医療関係者の方

採用情報

臨床工学技術課

  • 臨床工学技術課では厚生労働省認定の国家資格である「臨床工学技士」により、血液浄化センターにて患者様ベッドサイドで生命維持管理装置の操作を行う「臨床業務」及び、MEセンターにて様々な医療機器の「保守管理業務」を行います。
  • 医学的、工学的知識を持つ臨床工学技士と医師、看護師その他医療スタッフとの連携により、高度に進歩した医療機器に起因する医療事故を防ぐべく「安全な医療」を第一に考え、日々業務を行っています。
  • 長らく血液浄化業務のみ行っておりましたが、医療技術部:検査技術課・放射線技術課・リハビリテーション課・栄養課と並び2012年7月17日「臨床工学技術課」として開設し、現在5名の臨床工学技士が就業しています。

臨床工学技術課の基本方針

理 念

安心安全な医療のために臨床工学技術を提供します。

基本方針

  • 医療機器のスペシャリストとして最良の技術を提供します。
  • 最新の知識・情報を発信し、安心安全な医療に貢献します。
  • 効率良く業務を行い、心身ともに健康な職場環境を作ります。

業務内容

1.臨床業務

  • 血液浄化業務(血液透析療法・アフェレシス療法)
1.血液透析療法とは?
  • 腎臓機能の低下により蓄積する、身体に悪影響を及ぼす尿毒素や過剰な水分などを、血液を人工腎臓へ循環させることで取り除く治療方法です。
  1.  当院2階の血液浄化センターでは、9床の患者監視装置、及び個室1床での単身用透析装置にて、新たな透析導入患者様、又は他院より検査や手術目的などにより転入された入院患者様の血液透析療法を行います。
  2.  また、手術直後や救急救命センターに入院中で、状態の安定しない方はICU病棟での血液透析を実施しております。
2.アフェレシス療法とは?
  • 血液は赤血球や白血球などの血球成分と、アルブミンや血液凝固因子などを含む血漿成分で構成されています。
  • アフェレシス療法は体外循環によって血液を体外へ導き、病気の原因となる物質を分離除去する治療法です。
  • 原因物質の除去には血液中から直接取り除く方法と、血球成分と血漿成分を分け、血漿成分から取り除く方法があります。

(1)腹水濾過濃縮再静注療法

  • 癌性腹水や利尿剤投与や塩分制限などの治療が奏功しない腹水貯留による腹部膨満感や呼吸器系への影響を軽減させる為に行う。
  • 濃縮再静注により、腹水排液に伴うアルブミン喪失等による栄養状態悪化を防ぐ。

(2)血漿交換療法

  • 血液から血漿成分を分離除去し、除去した血漿成分量と同等の置換液(新鮮凍結血漿製やアルブミン製剤)を補充する治療法です。劇症肝炎や多発性骨髄腫、薬物中毒に適応されます。
  • 全血漿の一部を健常者の血漿や他の補充液と置換することにより、他の血液浄化法では効果的な除去が不可能な蛋自分画に属する大分子量物質を除去する。

(3)難治性潰瘍性大腸炎に適応される顆粒球吸着療法(GCAP)と白血球除去療法(LCAP)

  • 顆粒球吸着療法(GCAP)は、炎症性腸疾患に対して使用可能。
  • 炎症の原因となりうる顆粒球を選択的に除去および機能を変化させることによって炎症を鎮める効果がある。
  • 炎症性腸疾患の場合、腸には白血球(特に顆粒球)が集まり、本来守るべき自分の休の一部である腸を攻撃する。この状態が潰瘍の悪化や、治りを遅らせる原因となる。
  • 顆粒球吸着療法は血液を一旦体外に連続的に取り出し、炎症に関与している顆粒球を選択的に除去する医療機器(顆粒球吸着器)に通し、その後血液を体内に戻す療法治療は基本的に1回約60分の治療を5~10回行うことにより、下痢や血便、発熱などの症状、また内視鏡的にも改善される結果となっている。
  • 白血球除去療法(LCAP)は、潰瘍性大腸炎患者の活動期における緩解導入を目的として白血球除去療法に使用
  • ステロイド治療抵抗性の重症又は中等症の全大腸炎型及び左側大腸炎型の患者を対照とする

(4)敗血症に対するエンドトキシン吸着

(5)末梢血幹細胞採取等

  • 末梢血幹細胞とは、末梢血(静脈や動脈の血液)にある造血幹細胞のことであり、成熟して赤血球や白血球などの血球となる。
  • 通常幹細胞は、そのほとんどが骨髄のなかにあるが、G-CSFなどの薬を使うことで、末梢血に出てくる。
  • 末梢血幹細胞移植とは、その末梢血幹細胞を採取し、抗ガン剤の副作用などで骨髄が損傷したときに静脈注入し、骨髄の再構築をはかる治療。
3.その他
  • 循環器内科関連(PCPS等)

2.保守管理業務

1.保守管理業務の運用
  • 3階MEセンターでは管理医療機器を、管理システムを用いた中央管理することにより、「貸し出し・返却」運用を行い、日常的・定期的な点検や修理履歴の結果を記録管理することにより、機器の安全使用を確保します。
  1. 使用後の管理医療機器は、清掃および動作点検等を行い異常が無いことを確認し、次回の使用に備えます。
  2. 管理医療機器に不具合が生じた場合、メーカー研修を受けた機器に関しては院内での修理・部品交換・調整等を行い、その他はメーカーへ点検修理依頼を行います
  3. また病棟で使用中管理医療機器の不具合対応や、看護師へ安全使用に関する勉強会・マニュアル作成等も実施しています。
2.管理医療機器
  1. 輸液ポンプ
  2. シリンジポンプ
  3. 人工呼吸器
  4. 除細動器
  5. 経腸栄養ポンプ
  6. 低圧持続吸引器
  • その他、各種医療器のトラブル対応等を行いながら、管理機器及び業務範囲の拡大を行っていく予定です。