日本赤十字社 唐津赤十字病院

背景色を変更する標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

英語翻訳

   

Japan Red Cross Society

  • 診療の流れ
  • 診療科・部門の案内
  • 病院のご紹介
  • 地域医療連携
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
ホーム>病院のご紹介>災害拠点病院・DMAT指定病院

災害拠点病院・DMAT指定病院

唐津赤十字病院は、佐賀県北部医療圏の被災地災害拠点病院及びDMAT病院に指定されており、県内外で大規模災害が発生した場合には、被災した地域への救護班およびDMATを派遣し、被災地の医療支援を行います。常備救護班としては、医師1名、看護師3名、主事2名からなる救護班を3班編成。また、DMATは、医師1名、看護師2名、調整員2名からなる救護班を2班編成し災害等に即応できる体制を整えています。救護班は毎年各種訓練に参加し、災害対策本部および各救護班等との連携した医療活動等の訓練を実施しています。

活動風景

平成28年度熊本地震での対応

平成28年度熊本地震での対応

平成28年度熊本地震での対応

平成28年度熊本地震での対応

九州ブロックDMAT実働訓練の様子

九州ブロックDMAT実働訓練の様子

常備救護班研修の様子

常備救護班研修の様子