日本赤十字社 唐津赤十字病院

背景色を変更する標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

文字サイズ文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

英語翻訳

   

Japan Red Cross Society

  • 診療の流れ
  • 診療科・部門の案内
  • 病院のご紹介
  • 地域医療連携
  • フロアマップ
  • 交通アクセス
ホーム>患者さんへのお知らせ一覧>令和2年7月豪雨の被災地へ医療救護班が出動しました

メニュー

令和2年7月豪雨の被災地へ医療救護班が出動しました

第1救護班

7月8日(水)、日本赤十字社佐賀県支部第1救護班が令和2年7月豪雨の被災地である熊本県人吉市へ向けて出動しました。

派遣される救護班は唐津赤十字病院の職員で構成されており、要員は医師1名、看護師3名、主事3名の計7名です。
7月9日から11日にかけて熊本県人吉市で医療救護活動を行う予定です。

川久保佐賀県支部事務局長から激励を受ける班員たち

激励する川久保佐賀県支部事務局長と班員


激励する志田原院長

激励する志田原院長


被災地へ向かう救急車に乗り込む班員たち

被災地へ向かう救急車に乗り込む班員


関連リンク(外部サイトへ移動します)

第2救護班

7月17日(金)、日本赤十字社佐賀県支部第2救護班が令和2年7月豪雨の被災地へ向けて出動しました。

第2救護班の要員は医師2名、看護師3名、主事3名の計8名です。

7月17日から20日にかけて医療救護活動を行う予定です。



救護班第2班

出発式に臨む第2救護班の班員